医薬品の格安通販

ED(勃起不全)を改善するには様々な方法があります。原因も様々ですので、まずは原因を知る事も大切です。

EDを改善する方法・EDの原因

勃起力を向上させる方法

勃起力を向上させる方法

療薬を使わずに、普段の生活の中にある出来事を修正していくことで勃起力を強めることも実はできるんです。何事もなく生活を送れるのに勃起力だけ落ち込む方は、元来日常生活の色んな要因が絡み合ってその症状となったことが大きいんです。その為、一つ一つを少しずつ改善することで、回復力に変化が現れる確率はあります。

良く言われる老いから来る男性ホルモンの低下は、サプリメントではなくスポーツすることで上向きにさせれると言われています。闘争心や競争力などの攻撃的な面を司る機能を齎すという特徴からも想像できるように、筋肉トレーニングはそういった面を上げさせると、多数のテストから実証されています。

また、こうした闘争心等を煽る場にいるというだけでも効果はあるようです。格闘技やサッカー、野球など勝ち負けが発生するスポーツを観戦に熱中することで、滞在的な闘争心が上がり、見た後自身が戦ったかのような感覚を暫く持ったままという経験は誰でもあるでしょう。こういった状況は、男性ホルモンの上昇が起きているという状態なのです。

更に睡眠も大きな影響を及ぼします。毎日の睡眠が5時間切っている場合、男性ホルモンが15%ほど下がることが海外の実験で検証済みです。また、1時間毎に15%アップするため、できるだけ睡眠時間は確保するのも一つの方法です。

勃起力を向上させる方法

また血行改善も見逃せません。血液や血流は切り離すことのできない勃起の原動力です。その為、それらが正常な状態に戻すことが好転させる一歩になります。

体内の事は、やはり食事が肝になります。油分が多い高カロリーな食事は頻度を下げ、バランスのとれた和食を中心にすることで血液の状態がサラサラに変わっていくでしょう。また、亜鉛は生殖機能にとって発育や維持をするなど効果的なミネラルです。その為、それらの含有量が高い牡蠣や豚レバー、ほやや牛肉の肩の部分などの食材を使った食事も機能面のカバーになります。

勿論、体を動かすことも欠かせません。有酸素運動だけでなく、ストレッチも普段使っていない筋肉を伸ばすことで、血の巡りずらい部分を解消してくれます。また、更に下半身強化は、ダイレクトに生殖機能を高めます。

最終的にはこうした体への健康志向的な動きが全ての改善に繋がります。何事も過ぎてしまえば毒になるので、負担にならないレベルで継続することが肝になるでしょう。これらの対策は、健康の面でも非常に大きな効果を発揮します。ただし、効果があらわれるには個人差があり、時間、根気なども必要になります。すぐに改善したい方は、やはりシアリスなどのED治療薬を利用する事が最短で確実の方法と言えるでしょう。現在は通販で簡単に購入できるので、誰にも知られたくない方も安心して利用できます。

EDの原因

EDの原因

EDの原因は、いくつかに分類されます。

器質性ED

その中でも中高年の要因として多いのが器質性という原因になります。物理的な身体の機能面で何かしらの障害が生じているが故に発症しているのが、この性質の特質です。

例えば、血管に不具合が起きている場合。勃起の機能を考えると分かるように、血液と血流は非常に大事です。それを流す血管に機能障害が生じていると、陰茎の海綿体は血液で満たされず、勃起もままなりません。事故等で外傷を負ったり、手術で発生した血流障害や海綿体内の動脈が動脈硬化等を発症している場合は器質性の中でも血管性と言われる原因にあたります。

また、勃起をするには性的興奮があってこその自然現象です。そうなると、それを脳に伝える神経や興奮時に発生する物質面に難があることも想定されます。

器質性ED

性的な刺激を脳から陰茎に伝える際に使われるのが脊髄神経です。この部分が破損していれば伝達に間違いなく支障がでます。それ以外にも全神経が通る中枢神経に不具合があっても同様です。中枢神経に問題を抱えている場合、日常生活にも困難が出ててもおかしくなく、パーキンソン病などが発病していることも考えられます。こうした神経部分が要因となる場合、神経性という原因になります。

また、勃起時に一酸化窒素の発生は欠かすことができないと以前記載しましたが、こうした内部分泌が足りない場合は内分泌性という原因になります。これには、男性ホルモンが大きく関わっている為、これらの発生が興奮時に足りな過ぎることが勃起以外にも射精に至るまでに時間がかかる状況ももたらしたりします。

その他、陰茎自体に先天的な問題を抱えていたり、陰茎自体に物理的な攻撃を加えられたことで起きているものも器質性になります。ぺロニー病という、陰茎内部にしこりが出来ていることから、勃起した際に陰茎が不自然に折れ曲がるという現象もこれに当たります。

器質性が要因となっている場合、ED治療薬が効果的に改善をもたらす治療法となりますが、先の動脈硬化やぺロニー病を含むものについてはそうはいかないでしょう。場合によっては、手術が必要かもしれませんし、投薬だけで治療も行える場合もあります。おかしいと感じた際は泌尿科等に見てもらうのが確実な治療に繋がります。

機能性ED

機能性ED

主に若年層の原因として多いと言われているのが、機能性EDと言われています。機能性とは精神面な要因が身体に影響を多大に及ぼすことによって何らかの障害を起こしているというのが、この性質の特徴になります。その為、心因性と精神病性という二つに内分されてもいます。

心因性の場合、日々のストレス等による現実心因と深層心因という心の奥底に抑圧された様々な要因からくるものと更に二分割されます。

現実心因の場合、過労が続いて睡眠不足に陥っていたり、大きな仕事を与えられたことによるプレッシャーがピークを越えてしまっていたりするなどが挙げられますが、それ以外にも経済的に非常に困窮している場合に起こる精神的圧力やパートナーとの感情的なトラブルだったり、妊娠させてしまうのではないかといった恐怖や不安などもこれに当たります。

深層心因の場合は、自分自身では覚えがない感情から来るものというところが非常に難題です。過去に性的なトラウマを背負ったことで起きている場合や、気が付かない間に植え付けたれた性的コンプレックスなどが挙げられます。

機能性ED

こうした心因性の場合は、治療薬以外にカウンセリングも大切なファクターとなってきます。カウンセラーとの対話を行うことで抑圧された部分の原因特定や解放を行うことがより大切なものとなるので、ここで紹介した治療薬に加えたこうしたことも必要になってきます。こうなると心療内科に行かなければならないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、心療内科でも受け付けているところもありますし、泌尿科やED専門のクリニックでも診察してくれるようなので、抵抗がある場合は泌尿科でもよいかもしれません。

また、精神性の場合は先の心因性よりも病状性が高いものになってしまいます。その為、精神分裂病や統合失調症、気分障害などの精神病に掛かっていることが原因になって正常な身体的な状態を保てなくなっている場合を指します。こうした場合は、まずは精神的なところと改善することが先決になるので、心療内科や精神科で心理的な部分でつっかかっている部分を取り除いていった上で、勃起力を回復させるという治療方向が取られるようです。

混合性ED

混合性ED

一番解決が難しいとされているのが、混合性と呼ばれる原因です。混合性ということから察すると思いますが、先の器質性と機能性の二つが交わって発症しているというのがこれに該当します。

心と体は繋がっていて、どちらかが低下していると大体もう片方も機能低下が起こるということは、日常生活で誰でも経験があることでしょう。プレゼンや大勢の前で何かを発表しなければならない際に緊張しすぎて体がうまく反応してくれなかったり、活舌が悪くなったり。また、風邪で体調を崩したり、大病を患ったことで精神的に後ろ向きになってしまったり。こうしたことからも分かるように、常に体の機能と心の状態は密接な関係にあることが分かります。

特に年齢が高い方がこの原因に陥りやすいとも言われいます。その理由としては、加齢による物理的な体調面の不調と精神的な不調が起こりやすい状態にあるからとされています。

ホルモンが減少している状況は、もちろん勃起力に関わることはご存知でしょう。女性に更年期障害があるように、男性にもそういった症状は少なからず起こります。これらかもわかるように、こうしたホルモンが減少することはある種男性の自信をそいでしまうことにもなります。更に加齢は、今まで身体面を試みずに生きてきた結果、様々な部分で体の内側に問題部分を多く作ってしまうこともお判りでしょう。

混合性ED

これ以外にも、糖尿病などを患うことで自律神経失調症を高確率で合併しやすいことから、この原因を作りやすいと言われています。糖尿病は、末梢神経に障害を与えて一酸化窒素の放出を阻害するなど勃起に大切な内分泌減少を引き起こします。その為、こうした勃起障害も抱えてしまいがちなのです。

また、肝不全の場合も、男性ホルモンを低減させてしまう上、人工透析などで大きな精神的ストレスを抱えてしまいがちなのでなりやすいとも言われています。

しかしこうした病気からのEDは、「この病気になったらEDになる」という思い込みによっても起こる可能性を孕んでいるので、必ずしもそうなると思わない気持ちも必要です。そうなるという思い込みは、機能性の要因にもなっているので、思い込みがないだけでも治療方法は器質性だけで済んでしまう場合もあります。

いずれにせよ、混合性は心身両方からのアプローチを必要とすることから、より長期治療が必要になる場合があります。焦らずゆっくり治療するというところもこの病気を改善する一つの大切な点なので、まずはそういった心を持って臨むことも重要でしょう。

男女別EDの印象

男女別EDの印象

EDは自分自身だけの問題でないことは、一度経験した人であれば理解できるでしょう。セックスはパートナーありきの行為です。どちらかの機能面で衰えていたらできません。

男性の場合、最初の方は「今日は調子が悪い」といったような感じで誤魔化しはききますが、それが何度か続けば、次もそうかもしれないという不安が募り、セックスすることを避けるようになるでしょう。避ける為に、相手に言い訳をしたりすれば相手も怪訝になり、段々と二人の間にもヘンな空気が流れかねません。

特に女性の場合、キスやセックスを拒まれたとなれば、最初は仕方ないと思っても、それが続いてしまえば相手に何かが起こっていることは気が付きますが、それがEDだから断られているということにはなかなか気が付かないでしょう。その為、浮気をしているのではないか、自分に魅力がないからではないかという在らぬ方向に想像が及んで、喧嘩や別れに繋がりかねません。

男女別EDの印象

パートナーとはいえ、お互いに言えないことも沢山あるでしょう。しかし、こうしたパートナーとしか行えない行為についての隠し事はこうした別れの要素に繋がるケースがあります。男性は自身のプライドにも関わると考え、話したがらないでしょう。女性はそういったことも知りたいと話を聞きたがることが多いでしょう。女性は母性もあることから、そういった考えになる方が多いのです。EDになったからと言って、決して相手を馬鹿にするということはないので、協力を求めた方がこの際一番よい方向に進むはずです。

欲望だけで行う行為でもありますが、基本は愛情の表現でもあります。男性にとっては非常に屈辱的な状態であって、誰にも言いたくないというのはよく分かります。しかもEDだなんて誰も認めたくないでしょう。むしろ、今は本当に調子が悪いだけだと思い聞かせ続けるかもしれません。ですが、それだけでは状況は改善しません。

治療薬を使えば勿論その点は気にしなくても済むようになりますが、何の行動も起こさずにいれば、私生活の面が崩れて仕事など方面にまで影響しかねません。それは、同じく女性にも起こりかねません。そういった余計なストレスや煩わしいことを起こさない為にも、お互いの信頼度を上げる為にも、その点についてはちゃんとパートナーとの会話を用いる必要があるでしょう。