医薬品の格安通販

シアリスは最大36時間効果が持続するED治療薬です。通販では4分の1程度でジェネリックを購入する事もできます。

シアリスの効果・ジェネリック

シアリスが持つ大きな特徴・効果

シアリスが持つ大きな特徴・効果

EDは今や中高年だけの問題ではなくなってきました。社会環境が西洋化してきたことや、ストレスフルな状況が多くなったことで、30代よりも若い年代にもこうった症状で悩んでいる人も増えてきています。そんな中、若い世代にも注目されつつあるのがED治療薬です。

シアリスは、ED治療薬の中でも他とは少し違った特徴を持っています。バイアグラ、レビトラと有名な治療薬と肩を並べるほど代表的な薬としてよく紹介される同商品は、この2商品には持っていない長時間続く有効性を大きな特質としています。

大体5~6時間が継続時間の目安とされているところ、同商品は24~36時間(成分量によって異なる)と4~6倍も長く効果を保持することが出来るのです。これは、有効成分タダラフィルの特徴である、翌日まで作用が持ち越す長時間型というところからもたらされている点になります。

シアリスが持つ大きな特徴・効果

その反面、効果が表れるのに時間がかかります。他2品は30分程度と言われているのですが、この商品は3時間ほど必要になります。その為、急に訪れたチャンスという時には、残念ながら向かないかもしれません。とは言え、こうした症状で良くありがちな「薬が切れてしまう前に、セックスできるだろうか」という焦りや不安は全く不要になるのです。

更に食事にも左右されないという薬であることから、ゆっくり食事を楽しむ余裕すらできます。こうした症状に焦りや不安は禁物です。こうしたメンタル面での不調は体の機能にも影響を及ぼすからです。デリケートな問題だからこそ、余計にリラックスする必要があります。ゆったりした気分だからこそ、性的興奮も感じやすくなり、より相手に夢中になれるというものです。

また、この継続時間については、使用者のモニタリングの結果からも判明しています。偽薬、シアリス10mg、20mgを使って調査した結果、服用後24時間経っても性交できた人は、約41%、55%、67%でした。更に36時間後の場合は、約32%、56%、61%です。これだけ効果も実証され、更に副作用も他の商品に比べて少ないと言われているものであれば、誰でも気になる商品と言えますよね。

通販で購入できるシアリスジェネリック

通販で購入できるシアリスジェネリック

ED治療薬については、多くのジェネリック医薬品が海外で製造されています。そして、この日本でもネット通販を利用してそれらを購入できるようになっています。

今売られているジェネリックの中でも一番人気が多いのはタダリフトかと思います。というのも、この商品はかの有名なファイザー製薬によって作られたジェネリックなのです。こうした有名企業が作るとなれば、誰でも効能についてやその他色んな面でも優等で、疑いもないというイメージは確実につきます。

こうした点もあっての人気かもしれませんが、その効能についても勿論遜色ないと口コミ等から察することが出来ます。但し、薬価が他のジェネリックよりも高い点が難ともいえるところです。先発薬は1,000円以上もする高額な薬なので、それに比べれば半額の500円ぐらいなので安いでしょうが、1錠と考えると長期治療を見据えていれば、悩ましい値段でもあります。

通販で購入できるシアリスジェネリック

その点を思えばビダリスタという商品はお勧めかもしれません。ジェネリック大国と言えるインドの製薬会社、センチュリアン社で作られたこの商品は、まず薬価が更に下がります。大体200~240円と4分の1ほどで販売されているのです。勿論、ジェネリックなので成分や成分量は同じだからこそ、効能についても同等と言われています。

但し、こうしたジェネリックは、成分や成分量が一緒でも、成分を錠剤にする過程で使われる固める物質などが異なるという点が少々難点でもあります。何故なら、体調が悪い時にこうした薬を飲むと副作用を強く感じるなどがあるように、体調や少々の成分量の違いで体が反応することもあるからです。その為、あまり効き目がイマイチだなと思う人がいるのも良くあるでしょう。逆に数日して飲んだら効き目を感じたということも、一般的な薬にでもあり得るので、本当に人間の体はよく出来ていると嘆賞します。

少々話が脱線しましたが、他にもネットを検索すれば多くのジェネリックを発見するでしょう。通販サイトによっては、お試しセットのような他の薬とセットにして少量を売っていたりするので、自分の体に合うなという薬をここから見つけ出すのもよいかもしれません。

シアリスと一緒に使ってはいけない薬

シアリスと一緒に使ってはいけない薬

シアリスは先ほど伝えたように高機能な薬になります。その為、体調についてはED以外の症状を抱えていない人であれば問題ありませんが、そうではない人の場合には飲み合わせなど注意が必要な薬になります。

禁忌とされている薬は、どのED治療薬も同じですがニトログリセリンが含まれる硝酸剤です。この薬は、シアリスに少し似たような作用があり、血管平滑筋という血管内の筋を緩めることで血管を拡張する働きがあるのです。このことから、狭心症を改善する薬として使われています。

これを同時に服用するということは、同じ作用を齎す薬を飲むことになり、要は過剰摂取と同じ状況を招いてしまうのです。その為、この薬を服用している心臓があまり強くない人にとっては劇薬となってしまいます。内部の血管を拡張することで大量の血流が巡るということは、それだけ血管にも圧力がかかります。倍で服用することで、その血流に血管が耐えられず破裂してしいまうなどが起これば、心筋梗塞を招いてしまうのです。セックスをしていれば、その分血流も早まるので尚更でしょう。

シアリスと一緒に使ってはいけない薬

その為、こうした薬を常時服用している方は禁忌ですが、心臓病など循環器系で障害を持っている方の場合は、医師と相談するのがベストでしょう。

またアデムパス錠という慢性血栓塞栓性肺高血圧症を治療する薬についても併用を禁止されています。この場合は、症候性低血圧という血圧が低すぎてしまって起こる症状が懸念されています。詳しい薬剤などについては、ここでは割愛しますが、とにかく心臓病及び循環器系の疾患があり且つ治療中の方は残念ながら服用を控えた方が良いと言えます。

ちなみに風邪などひいていて風邪薬や頭痛薬を飲んだという方の場合は、特に問題ありません。ただ、体調が良くないとその分副作用も感じやすくなる可能性が高くなります。のぼせだったり、のどの渇きや頭痛、目の充血感など、いつもよりひどいなと感じた場合は、行為自体も辛いかもしれません。そうした場合は、効果時間も長いこともあるので、その場は少し大人しくしておいた方がよいかもしれませんね。

ED治療薬の作用機序

ED治療薬の作用機序

先程挙げさせて頂いた有名な3商品全てPDE5阻害薬と呼ばれる治療薬になります。PDE5とは、5型ホスホジエステラーゼという酵素です。この酵素は体内に存在し、陰茎海綿体内にも存在し、主に勃起した陰茎を大人しくさせるといった役割を果たしています。実は、この酵素が多く発生してしまうことがEDの原因の一つと考えられています。

この酵素が活躍するのは、勃起時です。いつもは大人しい状態で収まっている陰茎ですが、性的興奮を感じると、脳が脊髄神経を通り陰茎に興奮していることを伝えます。陰茎に信号が届くと体内に一酸化窒素が充満します。一酸化窒素が満ちることが勃起へのスイッチになります。

陰茎に血流を不要に満たさないように堰き止めていた門が、このスイッチによって開きます。すると血液が陰茎内の動脈を伝って大量に流れ込むのですが、この時活躍するのがcGMPと呼ばれる物質です。この物質は血管を拡張する役割があり、勃起にとって最重要物質となっています。しかし、この物質を分解してしまうのが先の酵素の役割なのです。

ED治療薬の作用機序

この酵素は、拡張作用のある物質が増えれば抵抗するかのように合わせて増えます。分解しつくさんと増えてしまえば、折角の勃起は残念ながら収まってしまうのです。その為、この治療薬はこの点に目を付け、酵素の働きを阻害するという役割で作られました。

どういった理由でこの酵素が多くなってしまうかまでは不明ですが、EDを経験している殆どの人がこの治療薬で改善出来ていることを考えれば、この酵素が原因で発症している症状なのだということは間違いないでしょう。

これらの薬はこうした体の機能に沿って考え出された高機能な商品でもあることから、服用するには自身の病歴や現在服用している薬などによって禁じられる場合があります。その為、安易に口に入れるものではないことは十分理解した上で使ってほしい商品でもあります。適量を守らないなどがあるからこそ、昔バイアグラが発売された時のように重度の副作用を発生させて、それによって死亡してしまうといった事件にまで発展しているのです。

どんなものでも適切な分量は大事なこと。その部分を守るからこそ正しい作用が齎されるという点を勘違いせずに使ってほしい商品です。