医薬品の格安通販

チャンピックスは禁煙補助薬です。禁煙外来で処方される薬で通販で簡単に購入する事ができます。

チャンピックスで簡単禁煙

チャンピックスの効果とは

チャンピックスの効果とは

禁煙治療で今最も使われている薬、それがチャンピックスです。この薬は、ファイザー製薬という超大手製薬会社が作り出した禁煙補助薬になります。ファイザーと言えば、処方箋、市販問わずに様々薬品を出しているので、聞いたことがないという人は皆無に等しいでしょう。この大手企業が作った製品ということなので、言わずと効果についてもお墨付きと言ってもおかしくないかもしれません。

ただ、補助薬という枠は未だに国からも認められていないので、超えることが出来ません。とはいえ、この薬の成分であるバレニクリンは、人がニコチンを摂取した際に感知して快感を感じさせているニコチン受容体に作用することで、それに近い快感を得させた上にニコチンを不味く感じさせる作用をもたらすというところでは、治療薬にも匹敵するのではと個人的には感じています。

人間は先ほどの受容体があることで、タバコを吸った際に得られている感覚を感じています。それは大概スッキリしたとか、目が覚めたとか、リラックスできたなど、状況によって様々だと思います。こうした感覚は全て受容体と結合したことで放出されたドーパミンによるものです。しかし、先ほどの成分が結合してしまうことで、結合することが出来なくなったニコチンは用なしになります。そうなると、体内にあっても体は何の反応を示しません。こうした体の中で起こっている物質レベルの現象を元に作られた禁煙を目的に作られた商品は、現時点ではこれしかありません。

チャンピックスの効果とは

ですが、どうしても治療薬になり切れない原因があります。それは依存症という症状があるが故です。人間には癖がありますが、無意識に行ってしまうのは皆さん身に覚えがあるでしょう。それがひどくなった状態に近いのがこの症状でもあるので、これがどれだけ大変なことかは想像しやすいでしょう。それが故に補助という括りから抜け出せないのが、残念な点でもあります。

この薬は、3か月を目安に服用し、それを治療期間としています。勿論、それ以降も不安な場合は、薬を割ったり、一日おきに服用するなど摂取量を減らしてとっている方もいるようです。それでも、この薬を使うことで8割方解消するという点は見逃せないと言わざる得ません。そして、この薬は処方箋医薬品でありながらネット通販でも購入可能なところも、手軽に始められる機会を作ってくれる商品になります。

ニコチン依存の恐怖

ニコチン依存の恐怖

ニコチンによる依存症は、吸っていない人でも聞いたことがあるほど有名な症状です。ですが、それがどのくらいの脅威であるかについては、正直知らない人が殆どでしょう。

依存度については、ヘロインを最高とすると、その次にあたる高がなんとニコチンです。中~高程度にコカインが挙げられ、アルコールは中程度、大麻とカフェインが中~低という報告が挙がっています。ちなみに、色々騒がれているケタミンが低、LSDなどは最低と依存度については低めの値が出ています。このデータが示しているように、違法薬物以上に合法的に認められている嗜好品であるタバコがどれだけ高い数値をもたらしているのかお分かり頂けたでしょう。

なぜこうした状態が起こるかというと、ニコチンがニコチン受容体と結合することでドーパミンを放出していることは、簡単に説明しました。この放出された物質は脳内報酬系と言われる神経部分を活性化させられた結果出される物質になります。報酬系は、欲求が満たされたとき、あるいは満たされる事が分かった時に「快」の感覚を与える神経系です。故に人は多く取り続けたいと感じ、それを放出するトリガーを摂取してしまいます。この作用は覚せい剤と同じと言われています。

更にニコチンの場合、取り続けることで受容体の数が減ってしまうという現象が起こることから、摂取しないと神経伝達が低下した状態になってしまうのです。故にタバコを吸う感覚が短くなる、一気に大量に吸うといった状態に陥ってしまうのです。

ニコチン依存の恐怖

そして禁煙を考える上で一番の挫折に繋がるのが、離脱症状です。吸わなくなってから3日目ぐらいから起こり、1~3週間ほどしなければ収まらないと言われているのがこの症状になります。先の脳内の受容体が減っている人ほど、こうした状態が強く出てしまいます。その為、我慢できずに吸うといった悪循環が起こってしまうのです。

こうした作用を起こりにくくする、解決に導いてくれるのが先の商品チャンピックスになります。作用については別の項で説明した通りなので詳細は省きますが、体内の受容体と結合することで報酬系を活性化させ、吸っている時と近い感覚が吸わずに得られるのです。その為、薬を取り入れずに禁煙を行っている人よりもよりスムーズに禁煙活動が行えるのです。そして、ついにはそうした離脱期間を過ぎて、目的を達成するといった状態にまで持って行くことが出来ると言えるのです。

ニコチンガムとニコチンパッチ

ニコチンガムとニコチンパッチ

チャンピックスが世に出回るまで使われていた禁煙グッズで有名だったのが、ニコチンガムとニコチンパッチです。これら二つと大きな差があります。それは、商品にニコチンを含むか含まないかです。チャンピックスは、バレニクリンという成分を使っているので含みません。ですが、先の二つは商品名に入っているように、含んでいるのです。

どちらも用法は同じになります。体内にある一定量のニコチンを取り入れ続けます。それを日を追うごとに少なくしていき、最終的にはニコチンを取り入れる量を0にするという流れになります。それがかたやガムやパッチでという噛むか貼るかという使い方の差だけが変わっているだけになります。

ガムの場合、少し面倒と感じる方もいるかもしれません。というのは、数回噛んだら1分程口の内頬と歯茎の間に1分程詰めておき、それを30~60分繰り返す必要があるからです。あくまでもお菓子のガムと違って味がなくなったから捨てるものではありません。禁煙中のイライラを無くすためには、噛むという行為はもってこいかもしれませんが、それを決められた通りに行うというのは、特に社会人であれば余計に面倒に感じるかもしれません。(私であれば、間違いなく面倒と感じてしまいます。)

ニコチンガムとニコチンパッチ

その点パッチについては、起床時に腕の内側などに貼り、夜寝る前に剥がすというだけの簡単なものなので、まだ楽でしょう。しかし、いずれにせよ、報酬系を刺激しているのはニコチンには変わらないのです。これがある限り、結局ニコチン=美味いという作用方式を変えることが出来ないのです。その為、離脱症状もあくまでも自分の意識でねじ伏せていかなければなりません。

依存度があまりない人には、この用法でも十分に効果があるかもしれません。何も使わずにこうしたグッズを取り入れることで、成功率は2倍と言われています。また、市販で購入できる点も利点と言えるでしょう。思い立ったら、近くの薬局に行くことで手に入れれるので、通販よりは非常に手軽に手に入れる商品になります。とはいえ、「タバコを二度と吸いたいと思わなくなる」といった効果が薄いと言わざる得ません。

タバコにより高まるリスクとは?

タバコにより高まるリスクとは?

タバコによって高まるリスクは様々でしょう。一番は健康被害です。吸っている側からすれば、うるさい、分かっている、ほっといてくれ、という程何度も聞かされる、正直ウザい情報でしょう。まずはガンです。

タバコといえば肺がんと思いがちですが、実は咽頭がん、咽ガンが非喫煙者の30倍と言われており、高確率でかかりやすい病気になります。含まれるタールは、入り口である喉にへばりつき易く、そして取れません。その為、その部分からがん細胞が発生しやすくなっているのです。その次に肺がん、食道がん、胃がんと続きますが、それぞれ4.5、2.2、1.5倍と先の咽頭、咽ガンに比べて低い数値となっています。

更に受動喫煙と言われるように、煙がたなびく近くにいる人にも被害が及ぶこともあり、周りへの被害が甚だ大きいのが問題です。下手をすると、吸っている本人ではなく吸っていないが近くにいる人をガンに陥れているという可能性すら否めないのです。

タバコにより高まるリスクとは?

そしてお財布のリスクも上がります。近年は毎年のように税率が上がり、年々値上がっている商品の一つです。今は400~600円ぐらいの値段ですが、2020年のオリンピックに向けて、1箱の価格を1000円以上にするといった、これまた喫煙者にとっては酷い迫害まがいの仕打ちを繰り出そうとしています。受動喫煙を含む健康被害を考えてのこととは言え、さすがに1000円以上はやり過ぎ感が否めませんが、それだけ国のとある機関はタバコを止めさせたいのでしょう。

私たちにとってもこうした値上げは、なかなか景気が良くならない昨今を考えると非常に懐事情に直撃してきます。毎月どのくらいタバコを吸うかにもよりますが、まず1日1箱吸っている人は、昼飯代より高額になる人が多いでしょう。しかも1か月3万以上も使うことになります。3万ってかなりの額で、家庭を持っている人であれば尚更お小遣いレベルを超えてしまいます。一人暮らしでも、何かを我慢する代わりにという人が増えかねません。

こうして、生活や健康にも大きなリスクを与えかねない商品となってしまっている以上、何かしら対策は講じていかないと後々が辛い可能性も考えられますね。

新たに流通する電子タバコとは?

新たに流通する電子タバコとは?

今ではタバコに関する環境配慮を必要とする時代背景があり、電子タバコを嗜む人が非常に増えています。特につい最近で耳にするのは、IQOSというアイテムではないでしょうか。現在品切れ続出で、発売と同時に売り切れるといった人気商品で、入荷の連絡があれば、夜間から並ぶ人が出るほどと言われています。

IQOSって何ぞや?という人は、多分タバコを吸っていない人なんでしょう。この商品は、フィリップモリスと喫煙家の人なら聞いたことがあるタバコメーカーから作られた電子タバコの一つです。専用のタバコとそのタバコを装着するスティック、そしてそのスティックを充電する装置がセットになって販売されています。仕組みとしては、専用のタバコ(タバコの葉を使っている)をスティックに装着すると、先端が特殊装置で加熱され、加熱されたことでタバコの葉の成分が吸い込める上、副流煙も極めて少なく、更に9割の有害物質(タールやニコチン含む)をカットしてくれるという優れものなのです。

とはいえ、全くカットしている訳ではない為、IQOSを使えば禁煙できているという訳ではありません。少量とはいえ、ニコチンを含む有害物質を体内に取り入れていることには変わらないので、タバコを吸っている時と同様にニコチン受容体がニコチンと結合することで感覚を得られている状態と同じことになります。

新たに流通する電子タバコとは?

また、電子タバコでもVAPEというよりスタイリッシュになったものも販売されています。こちらは、以前の電子タバコから少し形が変わり、タバコの形状ではなく、傍から見ると何を吸っているのだろうと思う人もいるかもしれません。スタンダードなタイプは、葉巻ぐらいの太さに吸い口となるカートリッジ、液体を入れるアトマイザー、熱を発生させるためのバッテリーが一つになって販売されています。お手入れが楽ということもあり、従来の電子タバコよりも人気が高まっています。ネット通販でも購入することが出来る手軽さもあるので、こちらの乗り換える人も多いようです。

VAPEもアトマイザーに入れた液体を電気で熱して蒸発させた煙でタバコを吸っている感を出す商品なので、充電は必要です。また、アトマイザーに入れる液体は、基本的にはハーブやお菓子などに使われる香料だったりするので、それを使って使用している分には禁煙できているとも言えますが、残念ながらニコチン入りの液体も販売されているのです。その為、そちらを購入して吸ってしまった場合は、禁煙にはならず、ただタバコを吸っているのと変わらないというのが禁煙治療に向かない点でもあります。

日本よりも厳しい?海外の禁煙事情

日本よりも厳しい?海外の禁煙事情

愛煙家にとっては、昨今の国内の喫煙事情はどんどん肩身が狭くなっていく一方です。私が小さい頃は、会社のオフィス内でもタバコを吸っている風景をテレビで見たことがありますし、分煙なんてされていない時代でした。誰もが好きな場所で自由に吸っていたともいえる状況に近かったでしょう。刑事ドラマなどでよく煙たい社内で仕事をする風景と言えば何となく思い出せると思います。

今ではどこもかしこも吸えない場所ばかりなのとタバコの値上がりで、おのずと吸うペースや量も減ったはずだと思います。それが高じて吸うことを止めた人も増えたように感じます。こうした風潮は、先も書いたように欧米からやってきました。ですが、今ではアジアの地域でも日本より厳しい罰則を設けて禁煙を実施している国も増えています。

例えばフィリピン。つい最近、ドゥテルテ大統領はフィリピン全土の公共の場での喫煙を禁止する条例を発表したばかりです。これは人種を問わずに罰せられるので、迂闊に旅行等で訪れて知らずに歩きたばこしようモノなら即刻罰せられます。再犯を繰り返せば禁固刑にもなるので、旅行に行く際には気を付けますように。

日本よりも厳しい?海外の禁煙事情

それ以外でも公共の場で禁煙を施行しているのは、フランスです。フランスでは、更に電子タバコの喫煙すら規制が入る予定とされているので、要注意でしょう。

アメリカに至っては、公共の場ではなく室内について全面禁煙とされています。ですので、レストランやホテルなどに至っては、非常にクリーンな部屋が多いのでしょう。BARに至っても吸えない環境は同じです。但し、屋外についてはそういった制限が設けられていないので、吸いたければ外にというのが常のようです。

そう考えると、日本は分煙を設けている部分もあり、海外の人からしても吸いやすい環境が整っているとも言えます。私個人の意見とすれば、確かに健康に対してもっと気にかけることは確かでもあるけれども、かといって全面的に禁煙するのもどうなのかと思っています。嗜好品という枠からタバコだけ枠を超えてしまった存在のようにも見え、とてもじゃありませんが邪魔物を扱うような部分もあります。それも少し寂しいかなと感じるのは私だけなのかもしれませんね。